top of page
第三回公演背景 (1).png

各日昼公演
「200年後のシューベルティアーデ」
12:00開演
カルラホール

2024年4月6日(土)&7日(日)

各日夕公演
「プルチネルラ Modernized!」
17:00開演
アレイホール

*チケット*

昼夕通し券各日 一般6,000円 学生4,000円
各公演 一般 3,500円  学生 2,500円
2023年12月22日(金)10:00
チケット発売開始

Final_2_BG.jpg

昼夕の二つの会場は

小田急線急行で

一駅の

距離に位置します

移動も含め

ぜひ通し券で

お楽しみください

「シューベルティアーデ Revisited」

12:00開演 カルラホール

シューベルトと友人たちの音楽サロン「シューベルティアーデ」。友人らの日記、当時の新聞批評、シューベルト自身の手記等の朗読を交えながら、書きかけで放棄した作品や楽譜の一部を紛失した作品も取り上げ、シューベルトの人間的一面に迫ります。音楽を楽しみながら、煙草をくわえ、夜中までお酒三昧。そんな若者たちの聖域だった「シューベルティアーデ」を、のちにシューベルトの音楽に魅せられたブラームスの視点と共に見つめます。

 

Program

シューベルト/《魔王》(初版)、

《冬の旅》より、ピアノ・ソナタ(断章)、

ヴァイオリンとピアノのためのロンド 他

ヘンデル/9つのドイツ・アリア より

 

Artists

伊澤悠(フォルテピアノ)

大平倍大(テノール)

髙橋奈緒(ヴァイオリン)

鶴田理紗(朗読)

「プルチネルラ Modernized」
17:00開演 アレイホール

ストラヴィンスキーのバレエ《プルチネルラ》は、バレエ・リュス主宰のディアギレフ、作曲のストラヴィンスキー、美術のピカソらのアイデアで誕生しました。バロック音楽を大胆に編曲して使用し、独特の世界観を描き出しています。では現代のアーティストが頭を寄せ合ったら、どんな《プルチネルラ》が完成するか。そんなテーマのもと、ドール、室内楽、そして声楽と共に現代の《プルチネ     ルラ》を創り上げます。

Program
久保哲朗・ストラヴィンスキーによる
バロック音楽の編曲作品


Artists
伊澤拓人(演出)
伊澤悠(ピアノ)
久保哲朗(作編曲)
久保法之(カウンターテナー)
佐古健一(チェロ)
中村那由多(美術)

昼公演

夕公演

下北沢駅__3_-removebg-preview.png
1-removebg-preview (1).png

カルラホール

千歳船橋駅または

経堂駅から

​徒歩11分

アレイホール

下北沢駅から

​徒歩3分

参加アーティスト

bottom of page