​主宰

伊澤 悠

(ピアニスト)

2009年第63回全日本学生音楽コンクール高校の部全国大会第3位、2018年第3回ハンス・フォン・ビューロー国際ピアノコンクール第3位。

東京芸術大学在籍中アリアドネ・ムジカ賞、卒業時にアカンサス音楽賞、芸大クラヴィーア賞、同声会賞を受賞。2014年度明治クオリティオブライフ文化財団奨学生。

これまでに、名古屋フィルハーモニー交響楽団、芸大フィルハーモニア、Meininger Hofkapelleと共演。

伊藤恵、Markus Grohの各氏に師事し、Alfred Brendel氏より指導も受ける。東京藝術大学を経て、現在ベルリン芸術大学ピアノ科と古楽科に在籍する傍ら、近年ドイツリートの演奏にも取り組み、2019年には第26回ブラームス国際コンクールにて最優秀歌曲伴奏賞を受賞した。

Project NAKAの開催に寄せて

 ベルリンにて留学生活を送りながら、クラシック音楽にとどまらず演劇や美術、文学をはじめとする多様な文化に触れる機会に恵まれました。そのなかで確信に至ったのは、クラシッ ク音楽はそれだけで孤立しているのでも衰退しているのでもなく、他の分野、ひいては私たちの日常ともっと近い存在であるということです。芸術は日常のなかを、日常は芸術のなかを、互いに関わり合いながら進んでいくのではないでしょうか。  

 Project NAKA は、他分野とのコラボレーションにより、クラシック音楽の可能性の大きさを 探る試みです。まずはクラシック音楽が外へと開き、そのなかに様々な芸術を迎え入れることで、より深く作品のなか側を知ってほしい。そこに私たちの生活と確かに結びつくものを発見できるかもしれません。

Project NAKAへのコメント

​©大杉隼平

ピアニスト ​伊藤恵さん

Project NAKAは、ダンス、映像、朗読などとの融合によって、

全く新しい視点からクラシック音楽を再構築する

可能性を示してくれるだろう。

​全文を見る>>

© Project NAKA 2020 

  • Facebook
  • Twitter
tate(1).png